お金を借りるのは食べるものを求めるのに似てる

何も食べないで生活していると、当然お腹がすきます。
人は何も食べないで生きていくことはできませんから、定期的に食べ物を買って、調理したり簡単な準備をしたりした後、食べて栄養を補給する必要があります。
食べることによって満たされる「食欲」とは違い、お金がなくてお金を欲するのは生命にかかわる種類の欲求ではありません。ですが、確かに似たような「飢え」を覚えるのではないでしょうか。だからこそお金を求めて人は働き、時には争い、手に入れようとするのではないでしょうか。


お金を借りることで飢えを満たす

お金を手に入れる方法はさまざまあります。先ほど述べたように、人のため、会社のために働いてお金をかせぐのが一番一般的でしょう。ですが、中にはお金をもとめて犯罪を犯す人も多くおり、今の時代は決して珍しいことではありません。
働いてお金をかせぐことには時間と労力がかかってしまい、そのような時間が用意できない人も多いのではないでしょうか。そのような人のための措置として考えられるのは、専用の貸金業者からお金を借りるという方法です。
これなら、働くのよりも手早く、人にも迷惑をかけることなくお金を手に入れることができます。
最近の消費者金融や銀行の中でも申し込んだその日のうちにお金を用意してくれる即日融資に対応しているところが増えてきましたから、急いでお金を欲している人でも安心できます。
お金を借りることで、「飢え」を満たすことができるのです。


これで良い思いをしても、クセがついてしまうのは危険

気軽に消費者金融に申し込んでお金を借りることができたとして、その場でのお金の飢えは満たされたとしても、そういった人たちはまたすぐにお金を欲してしまうでしょう。すぐにまた飢えが訪れるでしょう。
そのときまたとる選択肢は何でしょうか。消費者金融からお金を借りるのではないでしょうか。それは当然かもしれません。以前この方法で飢えを満たすことができたのだから、また同じ方法をとろうと考えるのは自然です。
でも、それでは問題を悪化してしまうことにしかなりません。自分一人で起こせる行動なんてたかが知れています。もしまたお金が必要になってしまった状況においやられた時は無理せず他人を頼ってください。
あなたが思っているよりずっと、他の人はあなたの力になってくれることでしょう。お金を借りることで飢えを満たすのではなく、もっと別の問題で問題の根本解決を目指してみましょう。

Comments are closed.