保険でお金を借りる

お金を借りる。まさか、そんなこと、考えてもいなかった、と言う方も多いと思います。でも、長い人生、いろいろなことがあります。たとえば、結婚している方々なら、出産、子育ての大きな出費でしょう。働き盛りの方々なら、突然の環境の変化や、事故、病気などが考えられます。
そんなとき、すぐにクレジットカードや、カードローンなどからお金を借りる、ということをしないで、何とかもっと良い解決方法はないでしょうか。
そこで、質問です。あなたは、保険に入ってますか?


<保険の意外な使い道>

保険に入っている方でも、意外と知らない方が多いのが、契約者貸付制度です。
積み立てタイプの生命保険に入っているひとなら、その解約払戻金の金額の範囲内で、お金を借りることができます。もちろん、利子はつきます。解約払戻金の範囲内だからと言って、返さないというのもだめです。それはそのまま、契約が破棄されてしまいます。でも、ルールさえ守れば、かなりの低金利でお金を借りることができます。


<あくまでも、一時的な借り入れと考えましょう>

ひとつ、問題があるとすれば、利率が福利で適用されるので、100万借りて、ついその年のうちに返さないと、2%の利率が適用されているものは、翌年、102万になることです。年々元金が増えていきます。保険の契約者貸付制度は、あくまでも、一時的な借り入れとして、支払いは早めに済ませましょう。

Comments are closed.